食品業界の皆様へ

(1)はじめに

食品行業界の皆様へ

言うまでもありませんが、食品には丸型、四角、円錐型等様々な形状があります。また、様々な色や形状が工夫されたパッケージに入れられて販売されています。有名な商品であると、商品名を見ずとも形状やパッケージを見ただけで分かるものもあります。食品の形状及び包装デザインは意匠権で保護することが出来ます。

当記事が食品の形状・包装に関して意匠出願を考えていらっしゃる方のお力になれれば幸いです。

 

 

(2)食品に関する意匠

食品は味と同様、見た目も大事です。どれだけ食品を美味しそうに見せることが出来るかによって、売上に関わってくるのではないでしょうか。食品分野において意匠権で保護されるものとして、食品自体の意匠と食品包装の意匠があります。意匠権で保護されるためには、「物品の形状、模様若しくは色彩これらの形状であって視覚を通じて美感を起こさせる」ことが必要です。また「工業上利用可能性」があることが必要で、商品が量産できなければ意匠権の保護を受けることが出来ません。

①食品自体の意匠

食品自体の意匠は、食品そのものに係るデザインを保護します。実際に登録されている物の具体例として、くし付のイカ、チョコレート、特徴的な形状を持つ固形カレー等があります。

 

 

★くし付いか

Aグループ(製造食品及び嗜好品)
(よっちゃん食品工業株式会社 登録意匠第1224266号)

 

 

★チョコレート

Aグループ(製造食品及び嗜好品)
(ゴディバ ショコラティエ インコーポレイテッド 登録意匠第1484401号)

 

 

★特殊な形状の固形カレー

Aグループ(製造食品及び嗜好品)
(ヱスビー食品株式会社、ベスパック株式会社 登録意匠第1452329号)

②包装デザイン

食品の形状のみならず、食品包装にも意匠権での保護が適用されます。

インスタントラーメンの包装、調味料の包装容器、納豆の容器等が具体例として挙げることができ、特殊な包装の形態や、包装の形状が一般的なものであってもそこに描かれているデザインが斬新・独創的であると認められれば意匠権で保護されます。

また、下記に挙げた醤油の包装のように醤油の鮮度を保つという点で特許権の保護を受けつつ、包装容器として意匠権を取得することでより保護が厚くなります。

 

 

★即席麺のパッケージ

Fグループ(事務用品及び販売用品)
(サンヨー食品株式会社 登録意匠第1443372号)

 

 

★醤油の包装

Fグループ(事務用品及び販売用品)
(株式会社悠心 登録意匠第1377043号)

 

Fグループ(事務用品及び販売用品)
(キッコーマン株式会社 登録意匠第1443689号)

 

 

★納豆の包装容器

Fグループ(事務用品及び販売用品)
(株式会社ミツカン 登録意匠第1355159号)

 

 

(3)食品・包装の模倣品対策

海外では、キャラクターやブランド品だけでなく、食品及び食品包装の模倣が近年増加してきています。食品の形を模倣するだけでなく、包装やラベルを模倣し、中身は全く違うものを入れて販売しているケースも多々あるようです。特に日本製食品は高品質故人気も高い為、包装に「日本製」と表示することや、日本で実際に販売されている食品の包装を模倣して販売すると売り上げが伸びるとのことです。

日本の食品・包装を模造した商品の質は、日本で売られている「本物」よりも質が劣ることがあり、製造会社全体の信用墜落にも繋がりかねません。このような事態を防ぐためにも、食品、包装ともに意匠権で保護することが重要であります。また、海外からの模倣品が日本国内に流通するのを防ぐためにも意匠権は有用です。

 

 

(4)ついに日本も加盟!ハーグ協定(ジュネーブ改正協定)

意匠を保護したいけれど、日本だけでなく海外でも保護申請をしたい、けれど海外の手続きはお金も手間もかかるのではないか・・・と悩んでいらっしゃる方に朗報です。昨年日本は国際的な意匠保護条約(ジュネーブ改定協定)に加入した為、複数の国へと出願する際にも一つの申請手続きだけで保護を受けることが可能となりました。

ジュネーブ改正協定とは、国際意匠登録を簡易に行うために設立された国際条約であり、一回の国際登録手続きで出願時に指定した複数の条約加盟国にて保護を受けることが出来ます。日本は2015年に当条約を締結し、現在では49の国と政府機関が参加しています。この条約を利用することで意匠の国際意匠登録手続きが便利になり、海外進出する際などには大変有用であります。海外にブランドを広めたい、製品を輸出したい、と考えていらっしゃる方はこの機会に国際登録することを検討なさってはいかがでしょうか。

 

 

(5)当事務所は食品業界の皆様をサポートします

当事務所では食品業界の皆様の知的財産保護に全力を尽くす体制を整えておりますので、どうぞお気軽にご相談ください。

ページ上部へ