デザイン経営推進プロジェクト

(「イノベーションデザインチーム」と「ブランディングデザインチーム」により 皆様のデザイン経営をサポートいたします!)

 

今日、デザインの重要性が見直されており、世界の有力企業が戦略の中心にデザインを据えています。しかし、日本ではデザインが有効な経営手段であるという認識が遅れており、グローバル競争環境での弱みになっていると考えられています。

そこで、2018年5月23日、特許庁は「デザイン経営」を宣言しました。「デザイン経営」とは、デザインを活用した経営手法のことであり、デザインを重要な経営資源とすることで、「ブランド力向上」と「イノベーション力向上」により「企業競争力の向上」を目的としています。

デザインは、企業が大切にしている価値・意志を表現する営みであるから、それが一貫したメッセージとして伝わることで「ブランド価値」が生まれます。また、デザインは、人々が気付かないニーズを掘り起こし、事業にしていく営みでもあるから、「イノベーションを起こす力」にもなるというわけです。

このデザイン経営を知的財産の面からサポートするのが、我々の「デザイン経営推進プロジェクト」です。上記のように、デザインには「イノベーション」の側面と「ブランディング」の側面がありますので、それぞれを「イノベーションデザインチーム」と「ブランディングデザインチーム」が全力で皆様をサポートいたします。

イノベーションデザインチーム

意匠担当弁理士と特許担当弁理士で構成されたチームです。

新たにデザインされた発明・創作を特許的観点と意匠的観点からその「本質」に迫ることでイノベーションの実現をサポートします。我々のインタビューや出願書面作成の際には、発明・創作の「本質」を捉えるために、「抽象化」と「具体化」を繰り返し行います。このデザイン思考プロセスにより、発明・創作の「本質」を見つめ直し、気付きを体感して頂きます。このように「本質」を捉えた上で、イノベーションの実現・保護に必要な権利化を特許・意匠の観点からご提案させて頂きます。

また、ウォーターフォール型開発からアジャイル型開発への切り替えをご検討のお客様には、改正意匠法施行にむけて、新たな関連意匠制度を活用した適切な保護のご提案をさせて頂きます。

 

メンバー紹介

 

 

ブランディングデザインチーム

意匠担当弁理士と商標担当弁理士で構成されたチームです。

ネーミング、ブランドロゴ、プロダクト、パッケージ、プロモーション、サービス等、全てのデザインがブランディングに寄与するデザインです。これらをブランディングという観点から意匠・商標により適切に保護することを目指します。ブランドロゴに関しては、ロゴの作成から調査・出願・登録・管理までを一貫して当所で対応することも可能です。

また、モノよりもコトの価値が重要視されるようになっているため、特にプロモーションやサービスでは、新たに意匠の保護対象となる画面デザインや店舗デザインを適切に保護することが重要になります。改正意匠法施行にむけて、これらの保護についても適切なご提案をさせて頂きます。

 

メンバー紹介

 

 

 

ページ上部へ