意匠の先願制度、先願の要件

意匠の先願制度 意匠制度は、新たな意匠(デザイン)の創作を保護し、その独占権を一定期間確保するための制度です。本記事では、意匠の先願制度に関する法律やその適用について詳しく解説します。 意匠制度と先願制度 意匠制度は、新 […]

続きを読む
意匠の創作非容易性について:登録要件を詳しく解説

意匠の創作非容易性について 意匠登録制度は、意匠の保護及び利用を図ることにより、意匠の創作を奨励し、産業の発達に寄与することを目的にしています。その保護(意匠登録)の要件として、主に「工業上の利用可能性」「新規性」「創作 […]

続きを読む
意匠法の審判について

特許や意匠等の知的財産の世界において、適切な権利の取得と行使を通じて事業活動を発展させるために、重要な審判制度の知識は不可欠です。このページでは、拒絶査定不服審判や無効審判等の手続き、期間、費用、更に、活用方法について解 […]

続きを読む
意匠とは?知財って? - まずは弁理士に相談しましょう!

意匠登録における弁理士の役割 デザイン戦略は弁理士にお任せ! 意匠(デザイン)には大きな可能性があります デザイン戦略は、ブランド力向上のための方策の一つとして、企業の業務上の戦略の柱とも位置付けられる重要なものです。 […]

続きを読む
意匠の先使用権について

意匠の先使用権について (1) 意匠の先使用権の概要 (1-1)通常実施権 先使用による通常実施権(いわゆる先使用権)は通常実施権の一種ですが、通常実施権には、許諾による通常実施権、法定通常実施権、裁定による通常実施権の […]

続きを読む
一意匠一出願について

一意匠一出願制度について 意匠ごとの出願 意匠法第7条は、意匠登録出願は意匠ごとにしなければならない旨を規定しています。具体的な手続は意匠法施行規則(第7条)に委ねており、同規則においては、複数の意匠に係る出願を一つの願 […]

続きを読む
意匠の出願変更について - 特許/実用新案出願から意匠出願へ

意匠の出願変更について 意匠登録出願への変更制度は、出願人が特許出願や実用新案登録出願を意匠登録出願に変更することができる制度です。この制度は意匠法第13条に規定されており、例えば以下の場合における出願人の救済を目的とし […]

続きを読む
意匠の審査について:特許庁の審査基準/登録ガイド/改訂情報

意匠の審査について 知的財産権の一つである意匠権は特許庁の審査によって、登録要件を満たしているか判断され認められることによってはじめて成立します。登録要件を満たしているか判断される基準はどのようになっているのでしょうか。 […]

続きを読む
意匠出願と色について

意匠出願と色について (1) 商標は色彩だけで出願できるようになったけど、意匠もできるの? 2015年に商標法が改正され、商標においては「⾊彩のみからなる商標」も保護されるようになりました。⾊彩のみからなる商標とは、単⾊ […]

続きを読む
意匠権侵害が争われた具体的事例を解説

意匠権侵害が争われた具体的事例 意匠権は、特許権や商標権などの他の知的財産同様に、自己の意匠について独占的に実施することが出来る強力な権利です。他の企業が、あなたの登録意匠を不法に実施している場合、意匠権を行使して、差止 […]

続きを読む